結納のやり方

結納の手順をご説明いたします。

酒盛の進め方

sakamori no susumekata
 沖縄では本土でいう結納に相当するのに、「酒盛(さきむい)」があります。各地で呼び名は違っています。「酒盛」と称するのは、男性側が持参した泡盛で盃を酌み交わすことからきています。

自宅結納の進行例

jitakuyuinou no shinkourei

1.結納品を飾ります。

結納品を飾る場所を確認し、新郎側が飾ります。
一般的に結納品は床の間に飾ります。

2.結納品の授受

新郎側代表より
 「本日は正式に御結納品を持参いたしました。幾久しくお納めくださいます様、お願い申し上げます。」

新婦側代表より
 「本日はご丁寧に御結納品をお贈り下さいましてありがとうございます。幾久しくお受けいたします。」

3.親子固めの盃

寿.火の神と仏前への報告

儀式の後、母親または祖母は仏前や火の神に感謝と喜びの報告をします。

5.祝宴

 乾杯の前にそれぞれの代表者より、家族・親族紹介を行います。

6.謝辞(新郎側の代表より)

沖縄では、干潮時から満潮にならない間の中で結納を行い、帰るのが習わしとされています。

7.家族水入らずの『三日ヌ御祝い』

結納が無事収められたら、三日後に男性宅へ返礼に伺います。これを『三日ヌ御祝い』といい、結納品を納めた時の料理の器などを返します。その時、器を空にせず、必ず心ばかりの縁起の品を入れてお返しする習慣があります。

席順の座り方

zajun

席順の座り方の図


お問合せご注文はこちらから


サイト内検索

カテゴリー

キーワード

カレンダー

2018年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031